株式会社ビジネス・ロジック・ジャパン

デジタルとは何かについて山口県山口市 デジタル化推進のBSLGが解説

デジタルとは何か(DXの根本)

デジタルとは何かについて山口県山口市 デジタル化推進のBSLGが解説

デジタルとは何か DXの根本的な思考法 山口県山口市 デジタル化推進

デジタルとは何か DXの根本的な思考法

デジタルとは何かについて山口県山口市 デジタル化推進のBSLGが解説します、DX(デジタル・トランスフォーメーション)がもてはやされていますが、DXのとは、デジタル活用による業務効率化することですが、相反す用語にアナログという言葉があります、デジタルとアナログの考え方をより理解することで、デジタル化を推進する意義がより理解できビジネスプロセスの改善にもつながります。

デジタルとは何かについて山口県山口市 デジタル化推進のBSLGが解説
株式会社ビジネス・ロジック・ジャパン
株式会社ビジネス・ロジック・ジャパン
DXコンサルタント(山口県山口市)

デジタルとアナログの違いは何か

SEO対策

 デジタルとアナログの違いは何か、デジタル化を推進する目的は、行動・プロセスをデジタル化してコンピュータで扱える数値に直すことが現在行われているデジタル化の根本的な意味です。

 アナログ社会は、古代社会においても情報が価値があり、その情報を利用するそことにより政治的地位・宗教的地位をもつ、言わる既得権が成立していました。

 その後 印刷技術(グーテンベルク)⇒ 本・新聞 ⇒ ラジオ ⇒ TV  ⇒ インターネット  ⇒  SNS

 最近の人工知能(AI)などの活用で大幅に変化しようとしています。

 生成AIが世界的に問題となっています、ユーロ圏では著作権等の問題、アメリカでは新聞社等の情報の生成AIにより問題となってきています。このことは既存の歴史や文化・宗教による既得権益を阻害するということが問題になっている要因が大きいのでないかと思います。

 現在は、AIの発達によりチェスや将棋・囲碁までAIには人はかなわなくなっています。

 AIは過去のチェスや将棋・囲碁の棋譜を学習して、ルールという制約事項から勝敗を導きだします。またAI同士の対決により推論により勝敗結果を算出します。

 将来の経済活動(人とのかかわり)に関しての、AI化が進めば単純労働や既得権益の崩壊にもつながるかもしれません。

アナログをデジタル化する

アナログの資料を、デジタル化する方法

 従来あるアナログデータを、デジタル化する方法で手動で入力する方法があります
 アナログの資料を、デジタル化する方法ですがアナログ資料のどの項目をどのように入力するか、入力チェックをどのように行うかなど考慮事項は多くあります。
 また、パンチングの場合は間違いもありますので、2度入力して1回目・2回目の入力内容を合わせてチェックする必要があります。

 また入力資料をスキャニングしてOCRとしてテキストデータ・数値データとして取り込み、データの基本とする方法もありますが精度が問題となり、そのデータをチェックする必要が生じます。

自然発生のアナログデータを、デジタル化する方法

Raspberry Pi

IOT(アイオーティー) : Internet of Things ( モノのインターネット)  

自然的に発生するアナログの事象をデジタル化する方法でう、難しい言い方かもしれませんが、例えば気象データ(風速・風向・温度・湿度)などをIOT機器などを利用して収集しデジタル化する方法です。

 IOT機器の小型も進化してより高度な情報を収集可能になっています。

   また、家電や住宅、車などを情報収集痰的として、インターネット接続しての情報収集や双方向でのデータ利用が可能になってきています。

 IOT機器は、Raspberry Pi(ラズベリーパイ)が有名で各種モジュールも発売されています。

映像・動画データのデジタル活用

映像・動画 IOT(アイオーティー) : Internet of Things ( モノのインターネット)  

 映像や動画を利用、画像分析をAI(機械分析:機械学習モデル)を利用してのを解析となります。

 この分野では、AWS(アマゾン・ウエッブ・サービス)が解かりやすく解説されています。

 実際に機械学習モデルを動かすことも可能になります。

  https://aws.amazon.com/jp/rekognition/

 より機械学習モデルを理解する為には、数字画像を数字として認識させる学習モデルがあります。

 実際に動かしてみるのもよいかと思います。

デジタル化とDX思考の関係

今までのやり方・常識が通用しない時代

 DX思考とは、既存のビジネスモデル・ビジネスプロセスの無駄な行為をそぎ落とし、DXシステムを利用・構築することで最適化されたビジネスモデルを構築することにあります。

 ECの販売モデルと既存の販売モデルを比較すると明らかです。

 従来型販売モデル メーカー ⇒ 一次問屋 ⇒ 二次問屋 ⇒ 小売 ⇒ 一般消費者

 EC等販売モデル   メーカー ⇒ 一般消費者

 従来型販売モデルは、複数の問屋などの中間会社を通して、一般消費者まで商品が届いていましたが、EC等販売モデルはメーカー直 一般消費者モデルになります。

 ※以前は市場など中間業者を通さない取引は、できないように阻害する動きが多くなりました(現在でも同じような動きは多くのこっています)
 ※日本では、中間業者で労働者も多く雇用面では貢献していました。また物流面において効率的と思われます。

中間企業は本当にいらないの?

 DX思考での、過去の各プロセスを無駄だと考えるのではなく、各プロセスの優位性を熟考する必要はあると思います。

 各プロセスをデジタルで効率化することにより、存在意義はあると思います。

 しかし、従来のアナログ思考で、既得権を保持し続けることは不要な中間業者になってしまうかもしれません。

イノベーション(innovation)新機軸

中小企業において大変なことは、既存の組織の見直し・既存のビジネスモデルも見直し・既存の製品の見直して新たな市場を見つけ出すことです。
よくある間違いは、メーカーだとプロダクトアウト思考からマーケティングイン思考への考え方に変革することです。

この思考の新規軸にすることは、現在まであった自己の思考方法を根底から変える必要が生じます。

デジタル化のメリット

デジタル化を妨げる考え方

アナログな現実をデジタル・コピーしシステム化(カオス化)

 外国人のビジネスマンと話す中でよく言われるのが、日本社会の非効率化です、特に国のビジネスプロセスの非効率(各省庁)です、また県や市などの非効率化です。

 世界でも屈指の各省庁のビジネスプロセスの非効率化は言われます。
 
各省庁のデジタル化効率化と言っても、現在の業務プロセスをそのままシステムに置き換える無駄なシステム化が行われているそうです。

 申請 ⇒ 受付 ⇒ 一次確認  ⇒  二次確認  ⇒ 三次確認  ⇒ 四次確認 ⇒ 受理 ⇒ 一次受理確認  ⇒  二次受理確認  ⇒ 三次受理確認  ⇒ 四受理確認 ⇒ 申請者への返答

 ※この過程は、あくまでサンプルで少ないプロセスかもしれません

 このプロセスにおいて、各確認作業は確認者を部署別の横割りや、階層の縦割りがアナログで、既得権の温床になっているかもしれません、結局システムにおいては受付チェックが重要であり、その後の一次確認のみが重要です。ミスを省く為のそれ以降のチェックは意味しない、その結果が各種漏れ等の問題を出しています。

 各種 省庁のシステムは、大昔しのシステム開発技法で大金をかけ、既存のワークフローをそのままでデジタル化したにすぎない、カオス的(システムの反対用語)なシステムとなり効率化とはいいがたいシステム化になっています。

 決して、民間企業では行わないシステム化になってしまっているそうです。

 日本のシステムが世界でも遅れれいると言われる原因なのかもしれません、海外のIT関連のビジネスパーソンはそのように指摘しています。
 日本は社会主義で成熟した国なので、最先端のIT技術を求めないだと、既得権の温床となっている古いコンピュータシステムが
各省庁を代表する日本の古いシステムなのかもしれません。

“DXニュース”

株式会社ビジネス・ロジック・ジャパン(BSLG)からのニュースお知らせ

システム開発部の課題

企業・組織 評論家は不要

企業や組織の変革を阻害するよくある組織内 評論家を解明します、山口県でも多いいのが評論家です、実際の業務を行えず、WEBで調べたネガティブ情報を大声で叫ぶネガティブ人材です公務員的な思考が身につつき批判が自己防衛につながる厄介な人達です、業務システム開発・導入・サポートを行っている山口県山口市 業務システム開発の株式会社ビジネス・ロジック・ジャパンお気軽にお問い合わせください。

DXニュース詳細 »
リモートDX

ZOOMで遠隔操作

ZOOMで遠隔操作に解説します、ZOOMはテレビチャット意外にも遠隔操が行える機能等もあり結構便利ですが、忘れてしまうことも多くあります。メモ代わりにZOOMで遠隔操作を掲載いたします。

DXニュース詳細 »
SEO対策

AI時代のIT大手

AI時代のIT大手の動向に解説します、IT大手の2024年動向はAI分野に傾いていますBSLGはことの傾向について独自の視点で今後のIT業界について述べます、日本においてはAI独自の分野の発展はなく、海外AI企業の代理店的な方向が中心となっています。

DXニュース詳細 »
Google検索件数表示されない

Google検索件数表示されない

Google検索件数表示されないように変更されたようですが、Google検索件数表示する方法を掲載しす、2024年5月19日に掲載します、記事を掲載する上で基本となるのがGoogle検索件数がどのように掲載すすれいいかの基本になります、2024年5月19日に確認したところによると掲載されてなくなっています。現時点で表示する方法を掲載します。SEO対策は株式会社ビジネス・ロジック・ジャパンお気軽にお問い合わせください。

DXニュース詳細 »
システム開発部の課題

システム開発部門の現状

システム開発部門の現状と課題をを掲載しました、長年業務システム開発の株式会社ビジネス・ロジック・ジャパン(山口県山口市)から、システム開発部門の現状と課題を社内システム部門の在り方、今後考えていかないといけないスキル・考え方を提言します。業務システム開発・導入・サポートを行っている山口県山口市 業務システム開発の株式会社ビジネス・ロジック・ジャパンお気軽にお問い合わせください。

DXニュース詳細 »
山口県 DXシステム

最新 システム開発はAPI

最新システム開発はAPIを掲載しました、山口県山口市の API連動 業務システム開発の株式会社ビジネス・ロジック・ジャパン(山口県山口市)は、最新の業務システムの開発手法はAPIシステム 連動の業務システム開発手法になってまいります、安定した外部APIシステムと自社で開発したシステムを連動させることにより、開発効率化・業務システムの安定性を実現することが可能になります。業務システム開発を行う場合今後必要になりと考えます、 弊社は各種APIシステム連動したシステムを開発を行っています。業務システム開発・導入・サポートを行っている山口県山口市 業務システム開発は他システムAPIシを連動させた開発は業務システム開発の株式会社ビジネス・ロジック・ジャパンお気軽にお問い合わせください。

DXニュース詳細 »

DX推進コンサルタント BSLG

DXを阻む変化を嫌う人(社員)の心

DXに取り組む企業は、敵対企業だけではない 社員の心が一番難しい問題になります。

DXは変化を前提としたシステムになります。時代の変化(経済動向・消費動向)などを読み、自社の新たなるビジネスシーンに構築するのがDXですが、この流れの大きな障壁になるのが世界の企業でも社員。役員の心の問題が大きいのです。
人は変化を嫌います、仕事においても従来通りに業務を行えば精神的にも楽です、社内で反発する人々は多く、合理化の中で、企業内での自分のポジションまで不安になる方もいます。
経営者は、社員に今後どのように社会・経済・働き方変わるかのマイルストーンを明確にして示すことが、社員を一丸にしてDXに取り組むことが「できるか、できないか」の重要な分岐点になります。

社員の心を変化せるるのは、内部だけでは難しいのかもしれません、多額の費用を費やし大手コンサルタント企業を使い大手コンサルタントが行ったのに失敗した。ほとんどがこのケースだと思います。
多額の費用ではなく、失敗しないコンサルタントを選ぶべきだと思います、そんなDX推進コンサルタント弊社のお問合せ下さい。