株式会社ビジネス・ロジック・ジャパン

業務システムとBI ツール 導入・販売 BSLG

業務システムでのBIツール

業務システムとBI ツール 導入・販売 BSLG

中小企業が判断し実行できるデータを提供すののがBI ツールです、BI ツールの素晴らしい機能は今後企業における必須ツールになります

業務システムでのBIツールは必須

業務システムでのBIツールは必須です、業務システムから発生するデータを分析し経営指標にするのがBIツールです、山口県山口市 業務システムプラス BI ツール導入の株式会社ビジネス・ロジック・ジャパン、BIツールは中小企業において必須と今後なります。山口県など地方から全国・世界を目指す中小企業でもBI ツール必須となります、その中でいかに素早く企業が判断し実行できるデータの可視化を行うのがBI ツールです素晴らしい分析機能を持っています、中小企業でも現状を可視化し中小企業の可視化に貢献するのがBI ツールです、山口県山口市 BI ツールの株式会社ビジネス・ロジック・ジャパンは、現状可視化ツールBI ツール導入・サポートを行っています。

BI ツールを組み込んだ業務システムは中小企業において必須となります
株式会社ビジネス・ロジック・ジャパン
株式会社ビジネス・ロジック・ジャパン
業務システムとBIツールの連動(山口県山口市)

業務システムでのBIツールを活用する

業務システムBIツール

PDCA(Plan-Do-Check-Action)サイクルは、昔しからある経営改善手法であり現場改善手法ですがDXで事業の再構築を行う場合も必須の行動手法です。

Plan(計画)、Do(実行)、Check(評価)、Action(改善・事業のターン)その中で分析し手法をいかに簡単に・素早く行えるか、自社論理手法の分析を行えるかが重要になってまいります。

昔しから行われている財務手法などの、技法は現代では時間のタイムラグもあり分析が終わった時には、ビジネスは傾いている・他社は事業ターンを切りその後追いななることになりことも考えられます。

現代のBI技術は、昔と違い安価で導入も可能です。

必要な時に、必要な分析をあらゆる面から行える業務システムと完全連動するシステムは重要な企業成長のキーポイントになります。

弊社では、BIツールの導入からサポートまで行うBIツールのコンサルタントも行っています。

DX思考から分析までトータルに行えるツールのご提供です。

中小企業の業務システムでBIツール連動は最強なツール

過去は、BIツールは効果なシステムでしたしかし今はITの高度化により中小企業でも少し学べば導入が可能です。
弊社が開発する、業務システムはBIツール用に最適化(BIツール)で利用しやすいデータをBIツール用に作成します。

ではBIツールの簡単なサンプルを見てゆきましょう。

売上を上げるDX考え方から導入コンサルタント・導入後のBI ツールでのフォローでまで行うサービスのご紹介

業務システムの開発・導入・販売・サポートを行っている山口県のIT企業BSLGは、売上を上げるDX考え方から業務システムの導入コンサルタント・導入後のBI ツールフォローでまで行うサービスのご紹介です。
DXは企業の将来の考え方方向性を決める体系を作成し、その将来の理想の姿に企業・事業を進める手法です。

業務システムと、WEBマーケッティングの連動、ホームページ・ECサイト連動などもそんなBIツールで連動します。

以下のようなBIツール基礎データがあったとします

BIツールでどのような解析が可能か?

2時間程度のBIツールの操作方法を学習してもおらえば、各種視点から色々なレポート作成が可能になります。

BI分析 商品別・担当者別

BI分析 商品別・担当者別

BI分析 地域別売上

BI分析 地域別売上

BI分析 得意先別売上

BIツール得意先別売上

たったあれだけの、基礎データからBIツールは瞬時にしていろいろな分析が可能になります。
データは、15分おきに自動更新することも可能です。
また一度作れば、開始日と終了日で、再描画することも可能になります。EXCELよりも自由度がききます。

企業の発展にともない色々な分析が可能になります。

現代の企業を取り巻く環境は急激に変化しています、今取り組まないでいつ取り組みますか

BI ツールで、業務データと販促企画の連動で多次元の視点で現状を可視化しましょう、中小企業の利点、経営判断のスピードをアップさせるツールがBI ツールです。

電話:083-976-5215

ご質問やお問い合わせはお問い合わせフォーム、お電話でも可能です。

DXツール BI ツールのBSLGからのDX新着情報一覧

DXシステム

DX(デジタルトランスフォーメーション)は、企業または組織のさまざまな側面にデジタルテクノロジーを統合することを指します。DXは、経営全般のプロセス、DXによる顧客体験、および社内業務全体の運用が含まれます。現代は急速なテクノロジー発展は、 企業は最新のデジタルイノベーションに遅れずに適応し、進化する必要があります。企業はデジタル文化進歩を受け入れ、持続的な改善・改革とITイノベーションの環境を作る必要があります。DXで、企業は効率性を高め、コストを削減し、顧客満足度を向上させることができます。DXは企業にさまざまな利点を提供する重要な概念です。企業がビジネスを改善しようとしているか、単にデジタルトランスフォーメーションの理解をより深めたい場合、DXの概念を知ることが重要です。

BSLGでのDXシステム開発基盤・動くシステム販売

 DXを導入にあたり重要なことは、DXとは何かと考えることです、DXは企業の方向性を決め、社内体制を見直すことまた、今まであった現場改善とは異なります。
しかし現場改善が行えない企業にDXをすぐに適応することは難しいことになります。

 BSLGでの開発基盤は、Quasar frameworkをWEB系等を中心に開発を行っています。Quasar frameworkは、世界最先端の開発フレームワークです。
 また中核システム(DX基盤 システム基盤)はC#を中心に構築を行い、各種クラウド連携を可能にしています。pythonを中心にAIの研究開発を行っています。

“DXニュース”

株式会社ビジネス・ロジック・ジャパン(BSLG)からのニュースお知らせ

リモートDX

リモートDX

リモートDXとは何か、リモートDXを推進する 株式会社ビジネス・ロジック・ジャパンが解説します、リモートDXとはリモートでDXを推進する考え方です、リモートDXにより迅速に低価格でDX化を推進することが可能になります、リモートDXに関するお問合せは 株式会社ビジネス・ロジック・ジャパンにお問合せ下さい。

DXニュース詳細 »
内部IT統制で海外上場を支援

AIに勝つ思考法

AIに勝つ思考法はとAIに負けない思考法です、AIに勝つ思考法はとAIに負けない思考法とは、AIの論理を解析することに繋がります、孫子の兵法では紀元前500年に書かれて書ですが、AIに勝つ思考法を考えてみましたAI論理思考を学びAIとの戦い方を学ぶことねより可能になります、山口県の経営を志向するする 株式会社ビジネス・ロジック・ジャパン

DXニュース詳細 »
進化

ノーコードホームページ制作

山口県でのノーコードホームページ制作につきまして、山口県山口市の株式会社ビジネス・ロジック・ジャパンよる解説します。現在のホームページ制作は直感的にノーコードホームページ制作が行えるようになっています、世界的に見てもこのノーコードホームページ制作の流れは進んでいます、このメリット・デメリットに関して情報を発信します。

DXニュース詳細 »
スマホ音声検索対策でのSEOとは、スマホ対策音声検索を行う方多くなっていませんか、スマホで音声検索はスマホが表れた時から行われていました、今では音声検索は当たり前になっています、音声検索でのキーワードの出現が従来のSEO対策と異なります、スマホ音声検索も考慮する必要があります。WEBページ制作でのスマホ音声検索対策も必要になります。音声検索でのSEO対策は株式会社ビジネス・ロジック・ジャパン(山口県山口市)にお問い合わせください。

ホームページ制作とスマホの関係

山口県でのホームページ制作とスマホの関係につきまして、山口県山口市の株式会社ビジネス・ロジック・ジャパンよる解説します。山口県でもホームページ制作においてとスマホ最適化は必須になっています、山口県でのホームページ制作についてスマホ占有率等数値をもとに発信します。

DXニュース詳細 »
キャッチフレーズとWEBの関係について、山口県山口市の株式会社ビジネス・ロジック・ジャパン(山口県山口市)よる解説します。キャッチフレーズは従来のメディアに適したキーワードです、それが現代の広報には対応しませせん、中小企業は明確なキャッチフレーズキーワードで情報を発信しないと意味のない情報発信になります。

キャッチフレーズとWEBの関係

キャッチフレーズとWEBの関係について、山口県山口市の株式会社ビジネス・ロジック・ジャパン(山口県山口市)よる解説します。キャッチフレーズは従来のメディアに適したキーワードです、それが現代の広報には対応しませせん、中小企業は明確なキャッチフレーズキーワードで情報を発信しないと意味のない情報発信になります。

DXニュース詳細 »
山口県ホームページ制作の価格

DX思考法の真実

DX思考法の真実とは何か、優良企業が実践してる思考法につきまして解説いたします、顧客志向での感動を与える・顧客志向で驚きを演出する商品・製品の手協を行っています、そんな企業が当たり前に伸びています、あたりまえ? 顧客志向での感動・顧客志向で驚きを見つけだし演出することは並み大抵なことではありません。その顧客のトレンドの気づきそれを実現するそんな企業が生き残っていく時代なのかもしれません、

DXニュース詳細 »

DX推進コンサルタント BSLG

DXを阻む変化を嫌う人(社員)の心

DXに取り組む企業は、敵対企業だけではない 社員の心が一番難しい問題になります。

DXは変化を前提としたシステムになります。時代の変化(経済動向・消費動向)などを読み、自社の新たなるビジネスシーンに構築するのがDXですが、この流れの大きな障壁になるのが世界の企業でも社員。役員の心の問題が大きいのです。
人は変化を嫌います、仕事においても従来通りに業務を行えば精神的にも楽です、社内で反発する人々は多く、合理化の中で、企業内での自分のポジションまで不安になる方もいます。
経営者は、社員に今後どのように社会・経済・働き方変わるかのマイルストーンを明確にして示すことが、社員を一丸にしてDXに取り組むことが「できるか、できないか」の重要な分岐点になります。

社員の心を変化せるるのは、内部だけでは難しいのかもしれません、多額の費用を費やし大手コンサルタント企業を使い大手コンサルタントが行ったのに失敗した。ほとんどがこのケースだと思います。
多額の費用ではなく、失敗しないコンサルタントを選ぶべきだと思います、そんなDX推進コンサルタント弊社のお問合せ下さい。