株式会社ビジネス・ロジック・ジャパン

山口県  システム開発の株式会社ビジネス・ロジック・ジャパン

システム開発 山口県

山口県  システム開発の株式会社ビジネス・ロジック・ジャパン

山口県のシステム開発の現状

システム開発 山口県

システム開発の山口県山口市 システム開発の株式会社ビジネス・ロジック・ジャパンからの提言、システム開発の現状は、日本のシステム開発は世界でも後進国になってしましました、多くの国際企業との打ち合わせ等でも日本のシステム開発の後進国化は当然の事実として語られます、そんな中で、山口県下の企業のシステム開発は遅れています、遅れていると言うより開発企業が無いのが現状です、山口県山口市 システム開発の株式会社ビジネス・ロジック・ジャパンはそんな山口県のシステム開発の現状を打破していきたいと考えています。

システム開発とは

システムコンサルタントのBSLGが、システム開発とはなにかについて解説します。

システム開発とは何か、IT技術やデジタル技術を使い、企業(顧客)の課題やニーズを解決する仕組み作ることを目的にしています。企業において現状の会計システムで多大な工数を社員がかけている場合、社員の工数削減のために既存の会計システムをIT技術やデジタル技術を使い開発を行うことがあります。

システム開発と聞くと、自社に新規に自社システムを新しく開発しなおすことですが、システム開発には大きく分けて以下の2つの方法があります。

スクラッチ開発;0からシステムを開発すること

パッケージ導入/カスタマイズ:既存のシステムのソフトウェアをカスタマイズを行い拡張したりすること

スクラッチ開発は、システムを0から開発すると拡張性や自由度は高くなりますが、開発費用や開発期間は長くなります。
パッケージ導入/カスタマイズは既に提供されているサービスを導入する場合は比較的安価にすぐ導入できますが、カスタマイズを行う際にもパッケージの成約を受けます。

システム開発、目的や予算に合わせて適切な方法を選択することが重要です。

システムとは何か

 システムは何か、ラテン語のsystema(システマ)が語源です、ものを構成する要素をある意味で制度にて統合・統一することにより定型化することを意味します、システムの反対語としてはカオスになります、カオスは混沌・混乱を意味します。

 企業にシステム化は現状業務の混沌・混乱を統合・統一することが語源と言っていいのかもしれません。
 

最新のシステム開発とは

現在は、API連携(APIを利用してアプリケーション間やシステム間でデータや機能を連携し、利用できる機能を拡張することを)このような開発手法が主流になりつつあります。業務システムパケージの共通部分(会計システム)は法的な制約や制限があります、このような部分はそのまま使用してシステムの中核とします。
企業独特の仕様を、API連携することにより、開発工数やディバッグ工数を削減できます。

システム開発の本質的な考え方

システム開発の基本・本質的な考えか方について述べます、
基本設計(外部設計)・詳細設計(内部設計)・移行段階という過程を経て開発を行います。

外部設計とは、システム開発における工程で最初に行う工程です。基本設計・概要設計とも言われます。

外部とは、顧客がシステムを使用する画面も項目やシステムが取り巻く環境を明確にすることを目的にします。

外部設計が明確になればシステム要件が明確になりシステム全体の漏れを防ぐことを目的になります。

操作画面のレイアウト・各項目の洗い出し。
印刷等出力の項目の洗い出し。
ユーザー操作方法や作業を伴う要素を明確にします。
外部データ出力・帳票等
セキュリティ
運用規定
開発スケジュール・費用

これらを基本に外部設計を行ってゆきます。

システム開発の失敗の要因

システム開発は、アジャイル開発に流れています、アジャイル開発はプログラム単位に実装とテストを繰り返して開発を進めていく手法のことですが、内部開発においてはユーザ要件を明確にすることを指します。 従来の開発手法に比べて開発期間が短縮される、アジャイル(素早い)と呼ばれています。
しかし、この開発手法は内部開発や小規模の開発においては有効になりますが、中規模・大規模開発で、基本設計(外部設計)を行わず開発を進めることは、かえってシステム開発の長期化やシステムの失敗を招く場合もあります。

システム開発のスキルは業務知識

システム開発は、プログラムを作成することだと勘違いを多く見受けられます。
システム開発も目的を業務上理解して企業の将来を決めるのは、プログラムではありません、外部設計において重要になるのが業務の設計です。
この工程を無視した開発は無意味な開発です。

システムコンサルタント・システム導入コンサルタントの、株式会社ビジネス・ロジック・ジャパンにご相談ください。
失敗しない、システム開発が可能になります。

システム開発の費用

 システム開発の費用について、地方でのシステム開発の費用と都市圏でのシステム開発の費用は大きく異なります。
 首都圏での事務所は高額になります、もちろんその費用は、顧客が支払うおとになります。
 また、人件費も高くないと社員は首都圏では生活ができないのが現況です。大きくことなるのは、社員の生活に必要となる住居費用が高いことです。
 地方(山口県)では、低価格で居住費が可能になります。
 この考え方はリモートワークがあたりまえの現代においては、もう古いビジネスモデルなのかもしれません。
 しかし、今でもこの考え方にとらわれている方を多く見受けられます。
 大手でのシステム開発が必要な場合(公企業等での要件定義からのシステム開発からの問題の発生への対応)は、高額なシステム開発を行う必要があります。

 スーパーローカル価格で、システム開発を行う、株式会社ビジネス・ロジック・ジャパンにお問合せ下さい。

ホームページ運用時の問題点や、質問を遠隔サポートいたします

システム開発の失敗は企業にとっても社員にとって疲弊の種

日本のシステム開発は世界でも後進国からの脱却
株式会社ビジネス・ロジック・ジャパン
株式会社ビジネス・ロジック・ジャパン
DXコンサルタント(山口県山口市)

日本のシステム開発は世界でも後進国になってしましました

 IT大手の国際企業の方々を打ち合わせを行う中、日本のITは世界でも後進国になっていることは、既存の事実として語られています。
 日本人はそのことを、完全に理解している方はIT専門家で以外はいないと思っていいのかもしれません。

 山口県でのシステム開発は無いと言っても過言ではありません、公企業も首都圏から専門家やシステム企業に依頼するしかないのが現状かもしれません、山口県下の企業に依頼した場合の失敗は担保できない、あの企業に依頼して失敗した場合はしかたないで終われる、日本の大手企業が海外企業に買収される前の担保・担保癖がまだ抜けていないのが現状かもしれません。

 IT企業の育成は、低価格の投資で行え地方の今後の、重要なインフラに依存しない成長を可能にする起爆剤になると弊社は考えます。

 人として生きるシステム開発企業、山口県山口市の最先端システム開発企業 株式会社ビジネス・ロジック・ジャパン

電話:083-976-5215

ご質問やお問い合わせは 無料相談フォーム、お電話でも可能です。
無料相談

“DXニュース”

株式会社ビジネス・ロジック・ジャパン(BSLG)からのニュースお知らせ

システム開発部の課題

企業・組織 評論家は不要

企業や組織の変革を阻害するよくある組織内 評論家を解明します、山口県でも多いいのが評論家です、実際の業務を行えず、WEBで調べたネガティブ情報を大声で叫ぶネガティブ人材です公務員的な思考が身につつき批判が自己防衛につながる厄介な人達です、業務システム開発・導入・サポートを行っている山口県山口市 業務システム開発の株式会社ビジネス・ロジック・ジャパンお気軽にお問い合わせください。

DXニュース詳細 »
リモートDX

ZOOMで遠隔操作

ZOOMで遠隔操作に解説します、ZOOMはテレビチャット意外にも遠隔操が行える機能等もあり結構便利ですが、忘れてしまうことも多くあります。メモ代わりにZOOMで遠隔操作を掲載いたします。

DXニュース詳細 »
SEO対策

AI時代のIT大手

AI時代のIT大手の動向に解説します、IT大手の2024年動向はAI分野に傾いていますBSLGはことの傾向について独自の視点で今後のIT業界について述べます、日本においてはAI独自の分野の発展はなく、海外AI企業の代理店的な方向が中心となっています。

DXニュース詳細 »
Google検索件数表示されない

Google検索件数表示されない

Google検索件数表示されないように変更されたようですが、Google検索件数表示する方法を掲載しす、2024年5月19日に掲載します、記事を掲載する上で基本となるのがGoogle検索件数がどのように掲載すすれいいかの基本になります、2024年5月19日に確認したところによると掲載されてなくなっています。現時点で表示する方法を掲載します。SEO対策は株式会社ビジネス・ロジック・ジャパンお気軽にお問い合わせください。

DXニュース詳細 »
システム開発部の課題

システム開発部門の現状

システム開発部門の現状と課題をを掲載しました、長年業務システム開発の株式会社ビジネス・ロジック・ジャパン(山口県山口市)から、システム開発部門の現状と課題を社内システム部門の在り方、今後考えていかないといけないスキル・考え方を提言します。業務システム開発・導入・サポートを行っている山口県山口市 業務システム開発の株式会社ビジネス・ロジック・ジャパンお気軽にお問い合わせください。

DXニュース詳細 »
山口県 DXシステム

最新 システム開発はAPI

最新システム開発はAPIを掲載しました、山口県山口市の API連動 業務システム開発の株式会社ビジネス・ロジック・ジャパン(山口県山口市)は、最新の業務システムの開発手法はAPIシステム 連動の業務システム開発手法になってまいります、安定した外部APIシステムと自社で開発したシステムを連動させることにより、開発効率化・業務システムの安定性を実現することが可能になります。業務システム開発を行う場合今後必要になりと考えます、 弊社は各種APIシステム連動したシステムを開発を行っています。業務システム開発・導入・サポートを行っている山口県山口市 業務システム開発は他システムAPIシを連動させた開発は業務システム開発の株式会社ビジネス・ロジック・ジャパンお気軽にお問い合わせください。

DXニュース詳細 »

DX推進コンサルタント BSLG

DXを阻む変化を嫌う人(社員)の心

DXに取り組む企業は、敵対企業だけではない 社員の心が一番難しい問題になります。

DXは変化を前提としたシステムになります。時代の変化(経済動向・消費動向)などを読み、自社の新たなるビジネスシーンに構築するのがDXですが、この流れの大きな障壁になるのが世界の企業でも社員。役員の心の問題が大きいのです。
人は変化を嫌います、仕事においても従来通りに業務を行えば精神的にも楽です、社内で反発する人々は多く、合理化の中で、企業内での自分のポジションまで不安になる方もいます。
経営者は、社員に今後どのように社会・経済・働き方変わるかのマイルストーンを明確にして示すことが、社員を一丸にしてDXに取り組むことが「できるか、できないか」の重要な分岐点になります。

社員の心を変化せるるのは、内部だけでは難しいのかもしれません、多額の費用を費やし大手コンサルタント企業を使い大手コンサルタントが行ったのに失敗した。ほとんどがこのケースだと思います。
多額の費用ではなく、失敗しないコンサルタントを選ぶべきだと思います、そんなDX推進コンサルタント弊社のお問合せ下さい。